【ほんとに花粉症?】家の中のほうがひどい!室内でやっておきたい対策

暖かくなるにつれて気になるのが『花粉』
ムズムズ、鼻づまりなどつらい季節。

ハキ
ハキ

気をつけているのに、なぜか家でも症状がおさまらないんだよねー。

ジョニー
ジョニー

それ、家の中が花粉だらけかもしれないわよ!

【当てはまるひとはチェック】
  • 夜ひどくなる
  • 室内の花粉が気になる
  • 家でもマスクがはずせない
  • 室内の花粉対策って何すればいい?

花粉症 室内の対策も大切

家に持ち込まないためにも、外へ出るときは花粉が多い時間はさけたいですよね。

【 花粉が多い時間帯 】
  • 12時ごろ…暖かくなり花粉が飛ぶ
  • 18時ごろ…上空に飛んでる花粉が落ちてくる
ハキ
ハキ

でも仕事とか、買い物行くから出ないのはムリだよね

ジョニー
ジョニー

だから花粉をなるべく家に入れない、減らす方法を教えるわ♪

花粉がたまりやすい場所は?

家の中で、もっとも花粉がたまりやすいところは2つ。

【家の中で花粉がたまりやすい場所】
  • 服を着がえる場所
  • 人の出入りが多い場所

・服を着がえる場所

服を着替えるところは、服についた花粉が舞って落ちます。

フローリングや畳のミゾにたまってしまうので、舞ってしまわないよう気をつけながらしっかりふき取りましょう。

空気が乾燥していると花粉が舞いやすいので、加湿も大切です。

加湿もOK!空気清浄機のレンタルができる


≫≫空気清浄機レンタル『美研』口コミをみる!

・人の出入りが多い場所

いちばん出入りが多い『玄関』

家に入る前に、服をはたいて入ると思いますが、忘れがちなのが髪の毛

ジョニー
ジョニー

頭にも花粉はくっつくのよ!

しっかり花粉をはたいて入る、帽子をかぶって帰宅したら洗濯すれば、花粉がつくのを減らせます。

自分だけでなく、家族にも協力してもらえるとありがたいですね。

ハキ
ハキ

わが家はみんな花粉症じゃないからムリだな。笑

夜に悪化する理由

夜、お風呂に入ってスッキリするはずなのに、寝るときに悪化する場合もあります。
考えられる原因は、2つ。

  • リラックスしたとき
  • 寝具に花粉がついている

・リラックスしたとき悪化する

家でひと段落ついたとき、変化するのが交感神経
ホッとしたときに副交感神経というものに変わります。

そうすると、粘膜からの分泌物がふえて、アレルギー症状が出やすくなるのです。

ハキ
ハキ

だから時間差でひどくなるのか。。

・寝具に花粉がついている

布団を干していないのに、寝るときにひどくなるという場合、
考えられるのは『空気中に舞った花粉』

これが布団のうえに落ちて、寝るときに吸い込んでしまうと症状が悪化してしまいます。

ハキ
ハキ

布団に落ちるまえにキレイにしないと!

ジョニー
ジョニー

寝室に空気清浄機を置いておきたいわね!

静電気を除去しよう

静電気は花粉をよせつけてしまいます。

これは洗濯のときに『柔軟剤』を使うことで、服につく花粉を1/3に減らす効果があります。

ふだん使っていないひとは、使ってみてくださいね♪

さらに花粉を減らすためには?

・空気清浄機を利用しよう

室内の花粉を減らすためには、『そうじ』がいちばんです。
ですが、どうしても空気中に舞った花粉はキレイにとれない。

空気をキレイにするといったら、
やはり『空気清浄機』が必須。

最近の製品は、除菌や消臭にも優れているので、選ぶのも迷ってしまいますよね。

ジョニー
ジョニー

ペットの毛についた花粉も吸ってくれるしね!

ハキ
ハキ

でも花粉の季節しか使わないからなぁ

ジョニー
ジョニー

それならレンタルしたらいいわ♪

レンタルにおすすめな3社を比較しています。
≫≫【空気清浄機レンタル】おすすめはどれ?3社のサービスを徹底比較!

・置き場所は玄関がベスト

花粉が入りやすいのが『玄関』です。
外から帰ると、たくさんついてしまう花粉とホコリ。

ハキ
ハキ

ここで、家に持ち込まないようにするんだね!

空気清浄機を置いておくことで、部屋に持ち込む花粉をへらすことができます。

ジョニー
ジョニー

部屋に置くなら、エアコンから遠い端っこの壁ぎわに置いてね。

室内の花粉対策 まとめ

  • 静電気を除去しよう
  • 家に入るまえに花粉を落とす
  • 花粉が舞わないようにそうじする
  • 加湿&空気清浄機でキレイにする

そうじだけでなく、生活習慣や食べ物も変えることで改善につながります。
≫≫花粉症を悪化させる!?食べてはいけないもの

ちなみに血液検査で調べたら花粉症ではなく『隠れハウスダスト』だった!という人もいるので、まだしていない人は検査してみることをおすすめします。

マスクが外せない日々が続きますが、少しでも楽になるよう頑張って対策しましょ!