PR

確定申告『市販薬で節税』を知らないと損する!?医療費控除の特例があるよ

記事内に広告が含まれている場合があります。
確定申告『市販薬で節税』を知らないと損する!?医療費控除の特例があるよ

毎年訪れる、確定申告の時期。

「医療費10万円なんないよ」って確定申告をスルーしていませんか?

「ロキソニン」「パブロン」「サロンパス」「葛根湯」年間で世帯合計12,000円以上使ったら、レシートは絶対捨てちゃダメ!

『医療費控除の特例』知ってますか?

セルフメディケーション税制とは?(医療費控除の特例)

購入した市販薬やワクチン接種料などが世帯合計で年間12,000円以上となる場合、確定申告することで、医療費が所得から控除されます。

つまり、所得税や住民税が安くなるのです。

ただし、医療費控除との併用はできません。

医療費控除とセルフメディケーション税制のちがい

1年間で医療費が10万円以上かかっている場合は、どちらかを選択する必要があるので計算してみましょう。

セルフメディケーション税制 対象の薬は?

・よくある市販薬の対象例

対象となるOTC医薬品はたくさんあります。

OTC医薬品とは薬局・薬店・ドラッグストアなどで処方せん無しに購入できる医薬品

●頭痛薬…イブA錠 バファリンEX ロキソニンS

●胃薬…ガスター10、

●風邪薬…パブロン、エスタックイブ、コンタック、新ルルAゴールド

●漢方…小青竜湯エキス顆粒葛根湯エキス顆粒

●花粉症の薬…アレグラ、アレジオン

●その他…⼝内炎治療薬M、サロンパスアンメルツ、フェイタス、シップ、ニコレット、アリナミンEXゴールド、ムヒアルファEX

また、予防接種やワクチン接種料金なども対象です。

・対象となる薬の見分け方

セルフメディケーション税制のマーク

レシートや、パッケージに『識別マーク』が書いてあるものが対象です。

くわしくは、厚生労働省のサイトで検索してみてくださいね!

年間で家族合算なので、年間12,000円以上なら使っている可能性はありますよね。医療費用レシートボックスを作って保管しておきましょう。

みんな増税に負けるな!