説明が苦手な人必見!うまく相手に伝える3つのカンタンな克服方法

あてはまる人はチェック!
  • 作文が苦手
  • 話をまとめられない
  • 話が長くなってしまう
  • なに話してるんだっけ?ってなる

自分では一生懸命伝えていても、

『結局何が言いたいの?』
『ひとことで言うと?』

なんて切り返されたら悲しくなります。

ハキ
ハキ

こいつダメだなって思われそう。。

伝わらないは、ポイントをおさえれば改善できます。
うまく話せるようになれたら自信もつきますよね。

話を伝えられない人の特徴3つ

  • オチが見えない
  • 1~10まですべて話そうとする
  • 思いつくまま伝えて話がわからなくなる

頭のなかで考えすぎてしまったり、整理できずに話してしまう。
最初から細かく伝えようとすると話が長くなって「何が言いたいの?」状態になってしまいます。

話が長いと聞く気が失せる

伝えられない特徴に当てはまった場合、話が長いと思われてしまっているかもしれません。

【話が長いと聞く気がなくなるワケ】
  • 内容に興味がなくなる
  • 聞く人の集中力が切れる
  • 理解ができず内容が入ってこなくなる

校長先生のはなし“とか、飽きて眠くなりませんでしたか?
良い話をしてるのかもしれないけど、頭に入らない。

ハキ
ハキ

『早く終わらないかな~』と思ってたわ。

人間関係がうまくいく!伝え方コミュニケーション検定

『伝えやすく』するために必要なこと3つ

相手にわかりやすく伝えるために意識することは

いちばん伝えたいことをはっきりさせる』

ムダをはぶいて短く伝えることを心がけることが大切。
残念ながらすぐに身につくわけではなく、トレーニングが必要です。

その力をつけるために気をつけたいことは、3つあります。

  • 『書いて整理してみる』
  • 『起承転結』を意識する
  • 『短い文』を意識して話す

・『書いて整理』してみる

  • 読む→理解する
  • 聞く→理解する

頭のなかでは、『読む・聞く』は同じように理解しようとします。

断るときや、ていねいに書こうとしたりする時ほど長くなってしまいがち。

いったん書き出して、本当に必要なことだけを抽出してみる

ハキ
ハキ

いちばん伝えたいことは何かな?

・『起承転結』を意識して話す

何をどの順番で説明するのかを決めて話してみましょう。

・だれが、どうした
・なにが、いつ、どうなった・・・

相手が聞いてわかりやすい順番で話すことが大切です。

・『短い文』を意識して話す

余計な話をせずにシンプルな文面を作ることがポイント。

余裕があれば、話すシミュレーションをしてみるとすんなり伝えることができますよ♪

ハキ
ハキ

落ち着いて、頭のなかで会話を想像してみよう!

読解力をつけよう

読解力をつけるには本を読むことが近道。

子供のうちから『本を読む』ことはしていてもその内容に疑問を感じて『話し合う』ことをする人はあまりいないんじゃないでしょうか。

「自分は○○だと思う。理由は○○だから。」と伝える練習をすることが必要。

『書く読む』で理解が出来てこそ、『話す』が上達するのです。

伝え方を学べる おすすめの本3選

詳しい書き方や伝え方を学ぶことが出来るので、ぜひ本を読んでみてください。

新しいひらめきが楽しく感じますよ♪

↓マンガタイプなので読みやすく楽しめます。

伝えたいことだけを伝えようとすると、冷たい印象になってしまうこともあります。

↓相手を思いやった伝え方が学べる一冊

日常の会話で意識しながら、伝え上手になりましょ♪